星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

ファンミ-Valentine- 感想

 

 

Remember:2018/02/12


 

 

ファンミ初参戦でした!

レポじゃなくて感想なら、と言っていただいたので、思ったことを書いていきます。

細かいところは私の心の中にそっと置いておきます。



とにかく最高だった......。
お客さんもノリいいし、めっちゃいろんなこと話してくれたし、歌もたくさん聴けたし、これ以上の幸せはきっとない。



ファンアートが素晴らしかった......。どれもこれも愛に溢れていて、これを送れるみなさんも素敵だし、送られる推しも素敵だなぁと思いました。私は小心者だし絵も描けないし何も作れないしで、結局お手紙を書くだけになりました。初ファンレターだった......。係のお姉さんに渡すときめっちゃドキドキした。


 
さて、本編。

うちわ、持っていったんですけど出せなくて......そこが一番後悔してる。周りの人あんまり出してなかったし......と何故か恥ずかしくなってしまって。勇気が出なかった......。けどやっぱり出しておけばよかったなぁ......。とてもとても丁寧に対応してたし、そこに私も混ぜてほしかった......。刀ミュで使おう。
衣装がまた素晴らしかった。私の好きなタイプの衣装でめっちゃ興奮した。とても似合ってた。スタイル良すぎるし背が高いし顔小さいし笑顔は天使だし、すごすぎない? 推しはほんとうにすごい。
声聞いてるうちにじわじわと実感が湧いてきたとともに、なんだか異次元というか、夢の中にいるみたいにふわふわした気持ちにもなった。ライブ行った時もだいたいそうだけど、ほんとに夢なんじゃないかってくらいあっという間なんだよな......。

 


質問コーナー・トークでは本当にいろんな話を聞けました。彼の考え方は一貫してて素晴らしいなと思った。彼なりの哲学がそこにちゃんとあって、構成要素が紐解かれていく、みたいな?  うまく言葉にできないけど、とにかく深く知れた気がして、嬉しかった。私は推しの真面目な考え方が大好きなので、ちょっと硬い質問の方が好きです。なんか芯を感じられるから。
この話題が面白かった、興味深かったってことも書きたいけど、それがレポなんだろうなぁ......難しい。
ひとつだけ。彼が話す中で、こちらに歩み寄ってくれたなって思った瞬間があって、やっぱり頭いいんだなって思った。彼はぽやぽやしてる私よりも遥かに人生経験積んでいて、その分頭の回転も早いし色んなこと知ってるんだなぁって。降りてきてくれてるんだな、気を遣わせてるなと思っちゃいました。



あとめっっっっっちゃ書きたいことあるけど、これ絶対書いちゃダメなやつ。絶対オフレコのやつ。本当に面白かったし興味深かった。彼の研究熱心なところが伺えたし、真摯な姿勢もみれた。努力を怠らず、それを苦だとも言わない、そんなところが素敵だなぁと思いました。
積もり積もったいろんなこと、時がきたら話してほしい。たくさん聞きたいです。



歌のコーナー。お待ちかねって感じでした。
全体的に暖かくて柔らかくて最高だった。歌の中の緩急を表現するのが凄く上手くて、引き込まれる。どこが盛り上がって、どこが落ち着いて、っていうのがはっきりしてるから聞きやすいし、こちらの感情ものせられる。才能爆発!って感じが最高でした。
息の入れ方も、発音の仕方も、好きだなぁ。楽しそうに歌ったりめちゃくちゃ笑顔だったり、表情が多彩すぎてめちゃくちゃ見惚れてた。マイクに入りきらない、ホールに響く感じが好きだから、やっぱり生歌はやめられない。至高ですね。
ギターの方もよかった。歌とギターの調和がほんとうに素晴らしくて、二人で呼吸を合わせてる感じが最高だった。

 

実は、会場近くのショッピングモールでバラを持った人をちらほら見かけて、トート持ってる人も多くて「これはもしや弩級のネタバレを食らってしまったのでは......?」とちょっと落ち込んだこともありました......。内容気になって普通にツイッターで検索かけたりしてたから......。
伝えたいことは言えました。ちゃんと目を見てくれて、力強く頷いてくれて、それだけで幸せだった。めっちゃ緊張して「ありがとうございました!」って言えなかったのはちょっと後悔してる。まずはお礼だろ!!!と帰りの電車で反省会......。

8月のファンミも、めちゃくちゃ楽しみです。ぜひともキャパ多めでお願いします......!!



総括としては、とても良かったです。本当に。人生初ファンミがこの回で本当によかった。
それとは別に、やっぱりもっと昔から知っていればよかったのかなぁと思ったりもした。もっと昔から応援できてたらって。彼のことだけではなく、彼を取り巻く演劇や芸能という世界のことを、私は何も知らない。彼の振る話に「知ってるよ」って頷けることが、どれだけ嬉しいだろうと。「知らないか」って言われるの、個人的にすっごく悔しかったから。
彼は演劇の世界へ誘ってくれたんだから、あとは私が楽しみながらお散歩とか探検するしかないでしょ。こんな作品が、こんな劇場が、舞台装置が、セリフが脚本が。奥が深すぎてすべてを知ることは無理なんだろうなぁと思うけど、それでも知っていきたい。
だからせめて、これからの彼の活躍は、なるべくすべて見ていきたい、応援したいと思います。

 

 

ファンミ、本当によかったです。ありがとうございました。これだけ多くの人が応援してるんだと嬉しくなったし、私もその一部なんだということを実感して、なんかちょっとむずむずしました。くすぐったい、みたいな。

Take me out 見に行けるのがすごく楽しみです。さらなるご活躍を楽しみにしています。