星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

Take Me Out2018 感想

 

 

Remember:2018/04/21 Matinee

 

 

Take Me Out 2018 感想です

2回目観劇なので、前回の補完的に見ていた部分があります

ネタバレオンパレード&とっっっても長い

前回より長くなるとは思ってなかった…

(ちなみに前回記事↓)

 

yzk-blog.hateblo.jp

 

 

【エンパイアーズ及びその周りの人をスクールカースト風に捉えてみた】

なんかピンときたのでスクールカースト的に捉えてみたよ!

(実際はそんなに簡単じゃないとは思いますが、分かりやすく整理できるかと)

(結構身近にある差別的なものってこれなんじゃないかなと思ったのもあります) 

(というか、単純なヒエラルキーなのでは......?)

f:id:yzk_blog:20180422184659j:plain

これ…...分かるかな

一番上、ダレンとキッピーは紛う事なき『一軍』、陽キャでパリピな感じ

クラスの中でもリーダーシップを取って引っ張っていくタイプ、そういう感じかなと

真ん中と下の境界線はすごく曖昧で、正直ここはごちゃごちゃだと思う

今回は感覚的にこの順番にしたけど実際はどうだろう……

他チームのデイビーは多分ダレンと同じくらいの位置

でもチームメイトじゃないので③くらいかなと

会計士メイソンは人種的にも性的嗜好も(本人の意識的にも)下の方にいるのではないかなと思います

監督は…...言ったら先生みたいなものなので、ここでは別枠です

 

 

ちょっとこれをもとに、一人ずつ感想を

 

 

 

 

 

 

①ダレン

彼に本当の自信はあるんだろうか、と前回思ったんですけど、

結局、彼は虚勢を張っている、自信を持ちたい人だということに落ち着きました

彼の発言、ちょくちょく分かんないわ......

野球やってるからじゃない?とか特に分からん

あだ名はいらない、というのも分からない

分からないことだらけだ

キッピーに俺は今のダレンが好きだと言われたとき、退化してないか?って

すっごいせりふ……

 

ダレンへの手紙

やっぱり内容がよく入ってこないけど、刺さるんだよな……

この手紙の主は野球というスポーツを愛していて、絶妙な性差別感を持っていて

その両方を内包していた手紙だったと思う

やっぱり言葉だけだとなんかすり抜けちゃって残らないから

映像でみて書き出すしかないと思う……

 

お前、有色人種なんだろ、って迫るところ

ダレンの性格よーーーく表れてるよな......

まだまだ彼は虚勢を張りたい

カミングアウトしたことによりまぁいろいろ起こり、その地位が崩れ去ろうとしているなかで

シェーンが有色人種ってことは、とてもとても彼にとって意味のあることになるから

あのビデオに怒り狂ったダレンにとって、シェーンはもう嫌いな人だったんだろう

シェーンに対してだけは、優位に立ちたい

それがはっきりと表れてると思った

 

メイソンと、パーティで週刊誌に撮られようって言ってたよね

スキャンダルを望んだってこと??

その方法で世間に認知されたいの??

なんか変な感じするなぁ

エスコートしてみんなに紹介して回るのをイメージしてただけに、

スキャンダルか......とちょっと微妙な気持ちにもなりました

うーん、そうすることでしか表現できない、という位置にいるのかな……

 

 

 

 

②キッピー

キッピーずっと考えてたんだけど

驕りはどこかにあるよね

恐らく、他人の全てを分かる気になりたいという思いがありそれが彼のアイデンティティ

冒頭のダレン紹介、およびアダムとイブの話

ほんとに自分に自信があるのはキッピーだったんじゃないか

彼からは虚勢を張ってる空気を感じなかった

俺は優れている!!!といった感じの声色だった

 

キッピーは性的嗜好はあまり気にしてなくて、人種的なことは結構気にしてるよね

ファイブツールプレーヤーと、六つ目が人種的なものといってた

彼は有色人種だけど、彼にはみんなペコペコすると

(ここで有色人種って言葉を出すあたり、純粋な白人のキッピーらしいと思う

既に差別意識の片鱗が表れているようで)

彼は表立って差別的なことは言わない、刺激的な言葉は使わない

けれど、有色人種と言うのも、シェーンやスパニッシュやカワバタのことを理解できると近寄るのも、全て差別意識の塊だからなんだと思った

自分よりカースト的には上かもしれない、でも彼は有色人種だ、とダレンに対して思い

逆に自分より下っぽい人たちには近寄って仲良くなって優位に立とうとする

 

正直、ゲイかどうかはキッピーには関係ないと思う

ダレンのこと好きだったのかもよく分かんないし

いや多分、好きだったのかな......恋慕ではないかもしれないけど

電話でしか、嫉妬してたって言えないんだよキッピー

チームメイトとしてしか仲良くなれないから、デイビーには嫉妬してたって

あと、なんで手紙偽装したのか、全く分かんない

そうすれば事態が丸く収まるとでも思ったんだろうか

カワバタの通訳も、ただただ彼に教養があることしか分からない

キッピーとしか話せない、という人はこのチームには割といるんだろうなと思った

その役回りを背負ってる感じする

 

それにしても拘置所?のあとのセリフヤバすぎでしょ

何も得られなかった?だっけ? いやいやいやいや、あなたね......

ホラーというか、なんか呆れてしまった

彼がストーリーテラーなのに彼の心情が何も見えない

いや、テラーだからこそ見えない、のか

俺はこう思う、ということが少ないからかもしれない

一番喋ってるけど、それはあくまで状況説明に終始していて

自分の気持ちを吐露する場面が極端に少ない気がする

 

キッピー、舞台の端にいるときに場面を見てる時と、見てない時があった

それはやはり意図的にそうなんだろうけど、

ずっと背を向けていた場面には、主にメイソンがいた気がする

逆にずっと見ていた場面にはデイビーやほかのメンツがいたと思う

この辺も映像見て確かめたいところ

 

 

 

 

③デイビー

推しさん名義の応募だったんだけど、登場した時真ん前だった

でも倒れた時の顔が見たかったかな

(倒れかかってる時、寄り目みたいになっててすごかった)

 

デイビー、ヒスパニックなんだって

(twitterで見ただけなので正確じゃないかもしれない。海外初演は黒人の方だと聞きました)

まるで聖書の教えに従うことで神にすがっているようだ

(もっとも、彼にそんな必死さはないけれども)

「聞いてくれてありがとう」

それは、自分を聖書に従ってる人間だと認めてくれてありがとう、なんだろうか

社交辞令いってくれてどうもありがとう

挨拶してくれて、ありがとう

デイビーだからこそ出る言葉かな? 文化の違いという気もするけど……

自分に自信持ってる男だったよねー

自分の才能を本当に発揮してしまうとチームから逸脱してしまうから

その裏にはやはり聖書の教えがあるのかと思うと……

 

基本の数字は3、なのかな

お前の3はどうだって、本人と奥さんと子ども、って家族の最小人数ってこと?

それの次は子供3人?すごいなそれはそれで

 

今日のデイビーはとても迫力があった

圧倒されすぎて台詞ちゃんと聞き取れなかった

神を拠り所とすることによって、自分の居場所を作ってきたのかもしれない

もしかすると今の地位を築くために必死になってきて、それが崩された気がしたのかな

その努力を踏みにじられたと思ったんだろうか

だからこそあの怒り方?(日によって違うけど!)今日めちゃくちゃ怒ってたもんね

あからさまな嫌悪と、心の底からの怒りだった

隠れ蓑って考え方は本当にエゴイスティックだと思う

俺を盾にしてたのか、みたいなことでしょ?

もうだって、俺とやりたかったのかって、そんなん偏見のかたまりじゃん

お前は相手が女だったら誰とでもやりたいのかって話だよ

(デイビーだったら絶対NOだよね知ってる)

それはお前が変態野郎だと知る前だ

ほんっっっっとに、裏切り感がすごいよね......

いつもは冷静で包容力のある人間だからこそ、自分の感情をむきだしにして怒ったときに

その本性が見えてきたというか、普段は隠している差別意識まで顕にして

なんかもう......やるせない気持ちになる……

(絶対、意図的に変えてますよね......いいよ......チャレンジングな攻めの姿勢......すき......)

 

デイビーさ………

ダレンと確執あったあと、上手くいったよって振り返っていう前、すんごいしんどい顔してるんだよ…………

彼もまた虚勢をはる人間なんだ

まぁ、キッピーと会うのは社交辞令的な部分もあるし、本音をさらけ出せる相手ではないのかもしれないけど

それにしてもしんどすぎる……

ほんとに、この作品は考察しがいがあるな

 

 

 

 

④トッディ

めっちゃ内容薄いと思う

とにかく見とこ!って思ってたけど何故かまた印象に残らなかった.....

やっぱり彼には語彙と教養ない!

典型的な野球選手って感じだ

野球に例えられたらすんなり納得するもんね

シャワールームでの怒り方も、言葉なかったよなぁ......

この話、知識階級というか、そういうのも関係してるよな......

持つものと持たないもの、気にするか気にしないか、みたいな

トッディは多分自分に知識ないってこと分かってるけど、別に知識を欲してないというか

そこに劣等感感じてなさそうだった

 

 

 

 

⑤スパニッシュふたり

スペイン人じゃないってことは分かってるけど、言語的にまとめさせてね、ごめんね

(2回見てもどっちがどっちか分かんなかった......!!)

スパニッシュは試合に負けたのをカワバタのせいにしてるけど、それが人種差別的に繋がっていってる感じだった

持ってた本がスペイン語の本?だったね

何言ってるかわからないし、言語的な勢いがあったから、ちょっと彼らには恐怖心を抱いていた

よく二人でつるんでいて仲良しだなと思う反面、そことしか関われない閉鎖的なものを感じたりもした

彼らとカワバタのシーンの、ジョジョ立ちみたいなの???あれなんなんですかね???

 

 

 

 

⑥ジェイソン

最初にダレンと握手したあと、はっきりと手を拭ってた(反対側は見えづらいと思う)

前は潜在的って言ったけど、これはもはや確信犯だわ

わりとずっとキッピーと話してたから、彼も縋ってるのかもしれない

三軍から上がってきたというのもなかなか

なんか、ジェイソン頑張ってたよね……

会見でシェーンの様子がおかしいのはいつものことって、彼らはシェーンのことなんも見てないんだなと思った

いや確かにそうなのかもしれないけどさ......もうちょい何かあったでしょ......と思うんだよね……

今回は絶対見てやるって思ってたけどあんまり見れなかったな…またDVDでね

 

 

 

 

⑦カワバタ

英語で繰り広げられる目の前の世界についていけてなさそうだったよね???

なんか怒ってる、なんかあったのかな、みたいな

その場の出来事を把握してなさそうな顔をちょくちょくしてた気がする

表立って聞くんじゃなくて、ストレッチしながら聞くとかね

現場から一歩引いた感じなのがカワバタさんだなぁと、日本人だなぁと思った

え、とかあぁ、とかが多いあたりもね

なんとなく罵られてるの分かるから、まぁ謝りますよね

君だけが分かってくれる、カワバタはキッピーに縋るようだった

何も考えない大草原とか言ってたけど、あなたが立ってるのたぶん荒野ですよ......

 

あ~~~~~~絶対そんなこと思ってないだろってところあったけどどこだっけ~~~!?!?帽子を目深に被ったところ!!!思い出せない!!!

 

お弁当食べる時にきっちり足を閉じていて、そんな狭いロッカールームで更に体縮めるようにしてたのがすごく印象的だった

 

 

 

 

⑧シェーン

持ってる言葉が少ないから、思ってることが正確に伝わらない苦しさ、よく分かる

命令されたようなもん、っていうのはやはり自意識過剰なんだよなぁ

レイプされたっていうのも、大げさに見えるし

あのビデオでカワバタやスパニッシュは反応してたけど

本当に言いたいのは「人種は気にしてないよ」ってことだもんね

ただ、性的嗜好は気にすると(そこはキッピーと真逆に見える)

自らの過去を笑えるだろ!って言っちゃうのがものすごく悲しい

 

自分のせいでチームが乱れていく、社会が混乱していくことへの罪悪感というか

なんとなく周りの空気感が変わっていくことを肌で感じとったのだろう

だからこそあのタイミングで「あれはあんたのことじゃない」と言ったのだろう

ホモ野郎と一緒にシャワー浴びるのが嫌だ、それは確かに差別的意識なんだけど

シェーンの場合はその裏に何かあるような気がしてならない

孤児院から里親に出された時に何かあったとか......語られないから分からないけど

 

きっと色んなところから煙たがられ疎んじられてきたシェーンは

野球選手としてクローザーという役目をもらえて、嬉しかったんじゃないだろうか

居場所を与えられたというか、認められたというか

でも、何度も追放されては戻されて、きつい言葉を浴びせられて

自分の考えもしてない手紙を世間に公表されて、また言葉を浴びせられて

フラストレーションがたまりまくってのあの暴投だったのかな、と思った

本当に殺そうとしていたかどうかは、彼の口から語られない限り、分からない

なんでそんな事聞くんだよ、とは言ったけど、

クローザーだからやることやっただけ、命令されたようなもん、とも言ったけど

意図して殺したとは言ってないんだよな……

周りの人は言葉から言外の意味を取ろうとしてるけど

シェーンの場合はそんなの含んでないんじゃないだろうか

ストレート、良くも悪くも

 

 

 

 

⑨メイソン

メイソン可愛すぎたんだよな!!!もうメロメロじゃん……

時間制限とかの話してる時にはダレンと意気投合、って感じだよね

あとは空白の時に仲良くなったのかな

展開わかってるからニヤけ収まらなかったわ

今絶対キモイ顔してる私......と思いながら見てた

 

彼はよく自分の思いを口にした

面白い!とか、表情もよく動いた

同じテラーであるキッピーとはとにかく対照的だ

なんか親近感わいちゃって「同じなんです!!」って言っちゃうの分かるよ~~~

カミングアウトを経てファンになりました!って宣言してるみたいだった

そこに対するダレンの態度な

俺はコミュの上にいる

自分は外っていうか下なので~~と卑下してたメイソンに言ってくれるな......

 

感情がよく揺れ動くのが分かるからこそ、悲しそうだったり辛そうにしてるのがまた印象的だった

必死でダレンを止めたり、キャッチが入った電話を抱え込んだり

健気なところがたくさんあるだけにそういうところが見てて辛かった

 

チェルシーに住んでてマショマロって言い間違えるの、なんかあるのかな

方言なのか、固有の名詞だから出せないのか?

あと最後の場面、やっぱり自分の中でしっくりくる答えが見つからない……

前は野球選手のダレンがいなくなるとか、訳分からないこと言ってたけど、ダレン引退してないじゃん!

指輪はいつもらえるんですか?というところから、確かに可愛いんだけど

よく分からない流れになってるんだよな……

ここもDVDですね

 

 

 

 

監督

なーーーーにが人格者だ過去の私のバカ

全然違ったじゃん

チームメイトのこと大事だけど、チームのこと大事だけど、うーーーん……

この人もよく分からない

カワバタが失敗してお金もらってたのは印象的だったな……

あの一瞬でまた別の闇を見た気になるからね

 

 

 

 

以上、人に分けた感想でした

そんなにカースト関係なくなっちゃったな

もっと深く考えられたらいいんだけど、私にはこれが限界だった……

ここからは雑多に

 

 

 

 

席はベンチシートの後ろで、まぁ近い近い……

表情がとってもよく見えて、素敵でした

真ん中の方だったので、端っこ見るのしんどかったけど……笑

カテコの時、トッディがロッカーのずれ?を直したけど

逆に狭くなっちゃってデイビーと監督が通れなくなってた笑

帰る時にぱーーって走ってキッピーに突っ込んでいってたの可愛かった~~

にこーーって笑いながら!

お辞儀するのがほんとにダンディで格好よくて素敵だった

すきです......

 

 

 

 

さて、今回は

「知識階級の話」

「全員が誰よりも上に立ちたいという欲望を抱えている物語」

として見た

 

人の上に立つには人を見下すしかない

そこに相手への賛美も交えつつ、というのがデイビーだったけれど

最終的に人間として優れてるのは俺、とか言ってたから結局同じだ

みんな、他の人より優れているところを見せたいんだ

知識のあるキッピーはその言葉の多さで

ダレンは自身を神だといい、そのカリスマ性をちらつかせることで

ジェイソンは心の底でゲイのダレンを見下すことで

カワバタはハグしてきたジェイソンにホモ野郎と性的差別をすることで

スパニッシュは試合に負けたのをカワバタのせいに、日本人のせいにすることで

みんな、他人を見下して自分を上に上げていた

トッディはやはりカムアウトしたダレンに対する怒りを表していたけど、

優れているとかそういうのとは逸脱していたような気がする

(ドライヤーのシーンがそれなのかもしれない)

シェーンは一番下でもがき苦しんでいた、かな

 

 

 

これあれだな、何回見ても分からんものは分からん!

やっぱり書き出さないとなぁ

頭のキャパ狭いのがほんとに憎いわ

DVDいつになるのか分からないけどとても楽しみです

できればバクステとか、アフタートークの収録とかあったらめっちゃ嬉しい……