星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

怪盗クイーン ケニアの大地に立つ

 

 

 

 

 

クイーンお久しぶりでした~!ますますファンタジー全開という感じで面白かった!またみんな大集合か~楽しみだな~と思ってたし案の定めちゃくちゃ楽しかったです。

 

 

 

 

一番好きなカップルがヴォルフとローテなんですけど、毎回何かしらの危機に陥っていて本当に面白い。お互いになんとも言葉足らずというか、察する能力にも差があるし、ねぇ......。ちゃんと誤解解いてあげてほしいですね、ローテのためにも。お互いの事考えたらとたんに頭悪くなっちゃうの、めっちゃ好きです。恋は盲目ですからね......笑。

 

 

 

 

ルイーゼの手のひらの上をコロコロ転がされていく花菱仙太郎、よかったです笑。ヴォルフとのコンビも相変わらずばっちり。なんか今回は出番は少なかったような気がするけど、日本を舞台にしてくれたらバンバン活躍してくれそうな気はします。かぐや姫みたいな回、もう一度来ないかな……。

 

 

 

 

ウァドエバーさんのチート加減にはやられた。そうだった、こいつブラッククイーンだった......。都合のいい時にさらっとブラックになりやがって……。前作に出てきた時からあまり好きじゃないぞウァドエバー。その志の罪深さにやられはしたけどな......。なんか、ポリシーが見えないまま目的のために手段を問わないって感じが強調されてて、ちょっと好きじゃなかった。(前作読んだらどんな人か分かるけどね......。)身を呈してパイカルくんを助けたことに関しては花丸です。なんだかんだ大事なんじゃない、彼のこと。それにしても日本語訳したら「どうでもいい」なのヤバすぎませんか。はやみねかおるはなんて罪な名前をつけたんだ。

 

 

 

 

マライカさん格好よかった~~!!女の探偵卿って初めてじゃないですか?こういう職業だからこその意志の強さとその信念を感じれてとても好きです。彼女の暴力の定義もとても好き......笑。これ、私の考えすぎだとは思うけど、ハピエンに見えない......。オープニングとエンディングで一周した感じはすごくよかったけど、彼女もまた過去に「世界がこわれてしまえばいい」と思ったわけで、それってニニに勘付かれてしまうこともあり得るのでは......?とだいぶ怖くなった。結局世界はなくなっていく運命にあるのかもしれないけど、今の彼女の願いが子どもたちの幸せなら、それで大丈夫かな。

 

 

 

 

ゲルブ~~!可愛すぎ!相変わらずお嬢様に愛されないところも可愛い笑。またお嬢様も罪なことしますよね……分かってやってなさそうっていうのがまた。いつまでもそんな感じでいてほしいですね。

シュヴァルツはまぁ……相手がシュテラ様だから……。ゲルブに言われてコーヒー吹き出しちゃうのちょっと萌えました。シュテラ様にあーんしてもらったという意識は彼にあるんだろうか......いやないな。かわいそうに、せっかくのチャンスを。ここもそのままでいてください。

ヤウズくんすっかり丸くなっちゃって......。考えてるの皇帝と料理のことだけだしね......。騙されて富士サファリパークなの面白すぎた。この時はなんで日本にいるんだ?と思ってたけど結末のために必要だったんですよねー。この回収もすごく好き。

ジョーカーくん、博物館でドスドス走ってきて着ぐるみ脱ぎ捨てたところめっちゃ笑った。肉弾戦というか戦いはヴォルフの独壇場みたいになっちゃって、そこがあまり見れなかったのは残念だったなぁ......。

 

 

 

 

ニニ、お前の嫌な笑い方がどんなのかすごく気になるよ......。文太に擬態するというのは想像ついてたから驚かなかったけど、クイーンはそれに気づいてトルバドゥールに招いたのだとばかり思ってた。最終的に解決できたからよかったけど......。彼がどうやって生まれて、何を考えて生きてきたのか、そのバックボーンが知りたい。怖いけど。大草原で走り去ってしまったニニはただの白猫だったんだろうか。

 

 

 

 

クイーンさ……。ちゃっかりスマホ使ってツイッターまでやっちゃってなんなのあなた......。まぁ予告状書いたのにはめっちゃびっくりしたけど、それ以上にツイッターやってるってところで本気で固まってしまった。何考えてるんだ......?ってちょっと考えてしまった。でも自己顕示欲の塊、C調と遊び心がモットーの人だから納得できるわ......。馬鹿じゃねぇのって思うけどね。でもそれでこそクイーン......さすがです。フォロワー八千万人は笑った。(クイーンならインスタがお似合いかなと個人的には思う。)

 

 

 

 

 

 

 

世界の終わりが見えるたびにドキッとしてしまう。ついに最終巻かと思ってしまった。

次回作、楽しみにしてます!

 

 

 

 

2018/05/02.