星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

謎の館へようこそ 黒






新本格の30周年を記念した
館アンソロね、理解した





めちゃめちゃ正直な感想にしますね!






思い出の館のショウシツ
やったー!ディリュージョン社だ!
館に関しては途中から薄々
そうじゃないかなーとは思ってた
屋根が蔦がというトリックは想像してなかったけどね
最後に虹北って名前も出てきて
やっぱりはやみね世界はつながってるなぁと思いました
関係図とか作ったら面白そうだよね




麦の海に浮かぶ檻
めっちゃ好きだわ......
ゴシックな感じ、儚い羊たちの祝宴みたい
ミステリーではなかったけど、めっちゃ面白かった
さすが恩田陸......
青春と禁忌が絶妙に混ざりあって
全体的に閉塞感も漂っていて
気怠げな空気の中に儚い恋が存在していた
間が最高なんですよね
最後はあれ......ちょっとやだなと思った
なにかのスピンオフ?みたい
恩田さんは読み進めようと思ってるので
これから出会うことになるかな





QED-鬼神の社-
なんか拍子抜けというか
死体がないし殺人じゃないしすごくマイルドだった
神社仏閣とか神とかの講釈はほとんどすっ飛ばして読んだよね笑
神社の中身がほとんど想像できなかったし
そんなに感想はないかな!






時の館のエトワール
やだ最低!
男子高校生なのに30代男性みたいに喋れるの
それはそれですごいけどね
全部そうなるように仕組んでたとか
その頭を別のことに使えばいいのにね......
結局気づかれて「本当に気持ち悪い」でしょ?
せっかくの青春を棒に振っちゃったよね......
時計部二人が、
シリーズ読んでる人なら分かるんだろうなという感じがして
置いていかれた気持ちになった




首無館の殺人
嫌い......すごく嫌い......
なんだこれは......
個人的胸クソ案件だわこれは......
ゲロの図解をするんじゃねぇ!って思った
全体的にふざけてんなぁと思いながら読んでた
スプラッタではないけど
なんというかグロいの域を超えてる......
読んでる時の課題が
「とにかく鮮明に想像しないこと」だったし
全体的に無理すぎた
この世界には入り込めないし足を踏み入れたくもなかった
知りたくなかったな......
異次元、受け付けられない




囚人館の惨劇
ずーっとなんか説明が納得できないなぁと思ってた
終わり方はすごく好き
死体も全部細かい伏線だったんだろうなぁ
もう1回読み返したいかも
まぁまぁ好きな感じ
焦点合わないのは当たり前ですよね......
パニックホラー系だけど最後は愛がこもり
よかったと思います
結局お兄ちゃんまで殺されてバッドエンド、って想像してたけど
そんなことなかったね










新しい世界を開けましたが
そんなに面白くはなかったかも......
普段読んでる人はいつも通り面白かったかなぁ
まだ白の方がよかった
結局王道大好きマンだからな......
好きな人はきっと好き!私はダメだった!



この本を新本格ものだと思って読んだら
肩透かし食らうよなぁ
新本格に興味ある人には勧められないな
白ならまぁいいかなって感じだけどね





2018/05/08~05/10