星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

backnumber "stay with you" 1028感想

 

 

 


Remember:2018/10/28

 

 

 

 

 

backnumber@京セラドーム!
ついにツアーファイナル。セトリはどうなるのか、演出は変わるのか!? 期待して行きました。
京セラだしグッズ販売混むと思って早めに家を出たのに、まさかの20分で購入完了。早すぎた。京セラドームのカメくん売り切れてました。悲しみ。ラババンは買えました。そのあとあまりにも早く入場したのでメロンパン買って食べました。美味しかった。
前回のナゴヤドームは1塁側だったけど今回は3塁側、席的にもちょうど正反対の位置にある感じ。若干横からで見づらいかなと思ってたけど、実際はスクリーンあるからそんなに見づらくはなかったです。

 

 

 

 

 

 

では、セトリ順!
もはや曲の感想ではないところもちらほら。
MCはニュアンス・雰囲気。覚えてないところは書いてません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞬き

ブレスから静かに始まるの、いいですよね。依与吏さんのブレスはなんとも色っぽい。あと歌詞がよすぎる。冒頭一発目が「幸せとは~」ですよ。鳥肌もん。じわっと「始まったな」と思える、ゆっくり幸福感が広がっていく感じがとても好きです。

 

 

 

SISTER

歌詞飛んだ?って瞬間があったけど、あれはなんだったんだろう......。曲終わってから周りがちょっとザワついてました。でもSISTERテンション上がるよね! 好きです。

 

 

 

MC

栗原さん「乾燥してるのでお水たくさん飲んでください、あと帰ったらお風呂入って、あがって化粧水をたくさんしてね」からの小島さん「(栗原さんが)昨日の夜、パックしてたよね」笑  「それここじゃなくて楽屋で言えよ(おこ)」笑  恥ずかしがってる栗原さん可愛かった。

 

 

 

ARTIST

レーザーがかっこよかった~。全体的にライティングが鮮やかでバキバキだった。モニターの映像も格好よくて本当に好き。

 

 

 

青い春

イントロ好き~。やっぱり私の原点。踊りたかったけど京セラだから......控えめにしました笑

 

 

 

チェックのワンピース

前回のライブで初めて聞いて、速攻で復習して、覚えました。これもまた依与吏さんらしい曲。歌詞がなよなよ系。

 

 

 

エンディング

曲に入る前、たぶん毎公演違う歌詞を歌っていて、それがめちゃくちゃ好き。本当にエンディングの歌詞みたいな世界観。さすが依与吏さん。

 

 

 

ハッピーエンド

PV切なかった。いろんなところにあるモニター?に、切れ端みたいに映像がうつってたのが印象的だった。

 

 

 

MC覚えてないのでパス!

 

 

 

ゆめなのであれば

依与吏さんがまだ話してるのにイントロ始まっちゃった笑
「寿、たいへん流暢な~(♪曲イントロ)」はいっ!って切り替えてたね笑

この曲はお気に入りなんだそうです。依与吏節全開だもんな......。良くも悪くもどストレート笑  爽やかなのにね~。
「胸触りたい」ってところで恥ずかしそうに口ずさんでる小島さん大変キュートでした。依与吏さん「♪胸触りたい~(*`・ω・´)」めっちゃ真面目な顔してたのもあった笑

 

 

 

半透明人間

栗原さんのドラムで曲が繋がって、依与吏さんの歌が始まるのがめちゃくちゃ好き。好きな曲をこんな風にライブでやってくれるの本当に嬉しかった。だからライブ好きなんだよな......。

 

 

 

海岸通り

わーい海岸通り! ナゴヤドームで初めて聞いて大好きになった。歌詞がめっちゃ面白いよね笑  坂上がったら海なんてないだろ、みたいな笑

 

 

 

ここで後ろのステージへ移動。3人が動いて手を振るのと呼応して、お客さんが手を振るのが波のように移動して、見てて面白かった。いろんな所見渡して、ニコニコしながら、たまにカメラに向かっておどけながら移動してるの、幸せそうだったなぁ。

 

 

 

MC

何も努力してないのに音が遅れて聞こえるよww ナゴヤドームでもやってたね笑

楽器紹介、依与吏さんのギターの裏にはステッカーがびっしり。「楽器が振動して音が鳴ることを、よく分かってなかったんです」笑。ステッカーが今までの活動の軌跡を表してるようで、愛おしそうに見つめる依与吏さんが忘れられない。

ありがとうね~とギターを撫でてるところに「アリガトウゴザイマス(裏声の栗原さん)」ww 「しゃべった!?」「くちどこなの?」「ソコジャナイデス  モウチョットシタ」とコントを繰り広げてました笑。依与吏さん「もっと昔のギターもあったんですけど........売っちゃって......米になっちゃって......笑」「食べたからいいかなって......身体の一部になったから連れてきたようなもんかなぁって......笑」

 

 

 

西藤公園

「冬が好き」と呟くように歌うのもいいし、サビでわーーっと歌ってるのも好き。最後、かなりためて歌ってたのがめっちゃよかった。

 

 

 

重なり

昔は盛り上がらなかったけど、今日は盛り上げてねって。「これお願いするものなのかな?」笑
3人だったからちょっとこじんまりとした印象だったけど、それでも昔は盛り上がらなかったなんて信じられない。
 
 

 

 

 

ここでメインステージに戻り、あの映像が流れる。雰囲気が好きだわ~。

 

 

 

クリスマスソング

あー知ってる!みたいな反応があったの面白かった。お待ちかねって感じだったのかもしれない。栗原さんが叩ききる!!みたいな感じで全身で演奏してたの好き。

 

 

 

ヒロイン

この冬の2曲は、ライティングが凝ってたなと思う。ステージ下部からドーム天井に向かって斜めにライトが走って、綺麗だった。

 

 

 

stay with me

声色が悲しいのが本当に好き。割と最近の恋愛ソングの後に、初期のこの曲持ってこられるとどうにも泣いてしまう。曲前の「ねぇ」も、なんともいい声で歌うんですよ。素敵だった。

 

 

 

MC

めちゃくちゃ泣きそうになってた。というか半分泣いてた。何度も何度も顔をぎゅっとさせて、我慢してた。
レコーディングを飛ばしたって。今までも書けなくて延期してもらったことはあったんだけど、今回飛ばしたことによって色々怖くなったと。歌うのも、書くのも、ライブするのも。話してる今も怖いって言ってた。こんなにたくさんの人が見に来てくれてるのに、なんで自信持って歌えないんだろうなぁ、と声を詰まらせてました。
きっと依与吏さんにしか分からない苦労や苦悩、葛藤があるんだろうな。一曲完成させるのも決して簡単なことじゃない。命削って作ってるって言ってた。私たちにとっては新曲出たばっかりだけど、きっと彼らはずっと曲を作り続けてる。しんどいこともいっぱいあるのかなと思った。

 

 

 

大不正解

「大不正解」って食い気味で始まってうわ~~~!ってなった。ここ最近の曲の中でも抜群に格好いいと思う。メロディラインが大好き。

 

 

 

MOTTO

これも大好き。ライブで聞くとテンション上がる!! イントロからずるい。大不正解~スーパースターまで、テンションぶち上がる曲しかなかった。

 

 

 

スーパースターになったら

まだこの人達は、スーパースターになったら迎えに来るよと歌う。私にとってはもう立派なスーパースターなのに。backnumber本人達にとってはまだまだなのかな。そんなところが大好きです。

 

 


アンコール呼び込む時、客席に光がちらほら見えて「あれ、グッズにペンライトなんかあったかな」と思ってたら、スマホの懐中電灯だった。少しずつ光が増えていって、2階席のほとんどがその光で埋まってキラキラしていて、すごいなぁって思った。

 
 

 

EN
ネタンデルタール人

間奏で後ろ向いてスクリーンの映像をじっと見る依与吏さん。たまに振り返って笑いながら歌ってました。すっごい小さなライブハウスで、お客さんめっちゃ少ないし全然ノリノリじゃないのが映ってて、びっくりした。こんな時もあったんだよな......。

 

 

 

オールドファッション

ドラマまだ見てないから、初めて聞いた!可愛らしい曲。ピンクを基調としたライトが綺麗でした。なんか春っぽいなと思った。

 

 

 


セトリを見直したけど、オールドファッションはここにしか入らなかったんです。ねじ込んだ笑。
ゴヤのMCと同じく「どうしても、来れなかった人がいる。どうしてんのかなと思ってる。」とちょっと泣きそうになってる依与吏さん。「俺達はここでも3人だけでステージに立ってないし、いろんな人に支えられて立ててる。」「本当に、ありがそーござ.......」ww 一番大事なところ噛んじゃったww 「だから俺ダメなんだよなー(><)」
「人間のまま、くそだせぇバンドマンのまま、ここに連れてきてくれてありがとう。」感謝あふれて止まらないって感じの依与吏さん、素敵でした。

 

 

 

ささえる人の歌

京セラverの映像が流れてました。みんないい笑顔~。物販のスタッフさんの後ろ姿もあった。MCと相まって、やっぱりbacknumberをささえる人は素敵だなと思った。

 

 

 

高嶺の花子さん

テンション!!!!!!!!終わる悲しみなんて微塵もなくて、すっごい楽しかった。依与吏さんの歌い方がすっごい好きだった。
 
 

 

 

 


終わり際の光の街、依与吏さんが口パクでちょっと歌ってくれたの嬉しかった。そして客席ではみんなが小さい声で歌ってた。ステージまで聞こえてるといいなと思った。

 


 

 

まとめ

ナゴヤドームの復習がたいへん役に立ちました。まさかほとんどセトリ変わらないとは。初めての驚きこそなかったものの、ちゃんとテンション上がったしめちゃくちゃ楽しかったです。
 


どこの曲前か忘れたけど、依与吏さんギター弾く→拳を突き上げる、っていうのを何回か繰り返した時があって、そこで会場全体で一緒に腕上げてたのめちゃくちゃ印象的だった。なんか一体になってて素敵だった。拍手するファンに「しーっ」てやってたのがまーーーーーーー色っぽい。あのカメラアングルと照明は最高だった。

 


依与吏さん煽るの大好きじゃないですか。でもテンション上がりすぎちゃって、なんて言ってるのかほんと聞き取れないのねww    そんなテンションぶち上がってる依与吏さんも好きですよ笑

 


どこかのMCで「好きなこと、得意なことだけして生きていくなんてできない。得意なことだけやるんだったら、俺はライブやらない」と依与吏さん。
「新しい曲でも前と似たような曲だなと思うかもしれない。でもどっか懐かしいな、何回も聞きたくなるなって思ってもらいたい。で、やっぱりbacknumber聞かずにはいられねぇなって思ってもらいたい」とも語ってました。

 


依与吏さんのMC聞いて、 だから私は追いかけ続けるんだと思った。高みを目指しているわけではなく、ただ前だけを向いて1歩ずつ進んでるから。地に足つけて、しっかり踏ん張って歩いてるから。応援したくなる。頑張ってほしい。みんな見に来たくて来てるし、大好きだから客席にいるんだよ。だからもっと自信持ってほしい。
でも、彼らの驕りのなさが好きだったりします。夢みたいな歌詞を書いてるのに、ちゃんと現実を見据えているから。ファンの笑顔が彼らの活力に、糧になるのならば、私はずっと応援したいと思った。
 

 

 

 
2019アリーナツアー決定おめでとうございます!!!!!!!!!!!!!この発表の瞬間に立ち会えて本当によかった。だからツアーファイナル行きたかったんですよ。みんなと喜びを分かち合えるのほんとうに嬉しかった。
依与吏さん、公演数多くない?って弱音はいてたけど笑   めっちゃくちゃ楽しみにしてる!  チケット絶対当ててやる~~!!