星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

真剣乱舞祭2018 感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Remember:2018/11/24

 

 

 

 

らぶフェス福井だ~~~!!!!この日が来るのをどれだけ心待ちにしていたか!!!!!!

始まる直前は心臓が痛いくらいで、緊張しすぎて死ぬんじゃないかと思った。

初日、誰も見たことがないものを見れる喜びを胸に、挑みました。

 

 

 

 

というわけで

朝から物販2時間並んだのに会場外でも中でもむっちゃんのマフラータオルを買えなくて臍を噛んでる審神者がお送りします。タオル通販で買う。絶対。

ネタバレがっつり、記憶違いもあり、特にMCはふんわりしてると思います。公演は三百年、むすはじのみ履修済。めっっっっちゃ長い感想兼レポもどきです。1部しっかり2部はサラっと。

 

 

 

 

まずはキャパ感、ステージなど。

今回の座席はアリーナ下手側の通路席、センステが近くて非常に眼福でした。ざっと会場見渡してもサイズ感は小さめだなと思った。スタンド天井席もそんなに遠く感じなくて、立ち見でも充分見やすそうだった。

ステージの基本的構造、モニターの位置などは去年のらぶフェスと一緒でした。

センターステージの上空に、ステージを囲うようにして刀剣男士の紋入り提灯が並べて飾ってあった。9個×2段だったかな。本当にお祭りみたいな雰囲気。上下に移動するステージは円形で2段ありました。ケーキみたいな感じ。

メインの舞台上にはカラフルな扇子があって、床から生えてるみたいな感じでモニターや舞台にくっついてた。メインステージ1階部分後方、中央の階段脇のキャストが出入りするところに、神社とかお寺にあるカラフルな暖簾みたいなやつがかかってた。(五色幕というそう。) あれがあったからだいぶ華やかになってたね。

今回のペンラ、公演通してみてもなんでこの形になったのか全く見当がつかなかった。あと光が淡すぎて全然見えなかった。今までのペンラ(らぶフェスのじゃなくて公演のやつ)とかキンブレ使ってる人が圧倒的多数。そっちのほうが見やすいのは確実。

 

 

 

 

 

 

1部

加州がいない状態でどうやって始まるんだろうって思ってた。今回のカラーは黄色っぽいから小狐丸かな、もしかしたらむっちゃんかな、と想像ふくらませワクワクしていたら、始まって出てきたのは巴さんだった。

センターステージをゆったりと、縦横無尽に動き回り、薙刀を振るいながら踊っていく。時に突き出し、時に払い、風を起こしながら舞っていた。足音が響き、息遣いまで聞こえてくるその距離感に驚いた。ほんの少し、衣装から羽が落ちていったりして、そこに神々しさすら感じた。表情はどこか物哀しく、何かを想って舞っているのが伝わってきた。歌もありました。神聖という言葉が似合う、静かな曲。天地(あめつち)の、という言葉から始まる、祝詞を彷彿とさせる歌詞。(誰かこのあたり分かる人いないかな......調べてみても分からなかった。完全にオリジナルなのか何かに着想を得ているのか。)最後には薙刀を宙へ差し出す仕草。

そこにそっと、堀川がやって来る。「弔いの舞、ですか」戦で散った全てのもののために、物語あるものも、なきものもみな。という感じの巴さんのセリフ。その後も少しやりとりがあった気がする。祭りがどうとか、今回のらぶフェスのテーマの布石。

 

そこに祭りといえば、とドタドタいわせながらメインステージにやってきた兼さんとむっちゃん。よさこい祭りはソーランだと言い張る兼さんに、いやよさこいは高知、土佐だと譲らないむっちゃん。「な、な、仲良く喧嘩しよ!!」ってやって来る安定。蜂須賀は「徳島の阿波踊りを忘れてもらっては困る」長曽祢さん満足そうに頷く。「四国つながり!」と嬉しそうなむっちゃん。祭りってほかにもたくさんあるよね「裸祭りとか!!!!!!」村正の声に大爆笑。それをたしなめる蜻蛉さん、合わせてやってくる三百年メンバー。小狐丸「祇園祭もありますよ」そこにぞろぞろ三条が出てくる。挙げられる祭りの名前に「どれも一番!」とか言うむっちゃん。「一番ってそんなにたくさんあっていいんだっけ?」安定。

そこに源氏のふたりがやってきて「祭りって、西側に多いのかな?」と髭切。「ねぶたがある」って膝丸だったかな。「雪まつりもありますよね!」と堀川くん。「いやよさこいソーランは東」という兼さんに「よさこいは西!!!」と噛み付くむっちゃん。「どちらの祭りがいいのだ」と誰かに問われ、兼さん「そりゃーーーーーーーー(ズンズン上手側に歩いていく)......どっちだろうなぁ!」ずっこける新選組。なんだか収拾がつかなさそうなので、ここで三日月から提案。

「東西に分かれて、どちらの祭りがより楽しく盛り上がるのか、競おう」

 

というわけでチーム分けスタートです。

新撰組会津に縁があるから東。三条派は京に縁があるので西。 蜂須賀とむっちゃんは四国繋がりで西へ。蜻蛉さん、村正、物吉くんは徳川家、関ヶ原の戦いでも東軍だったということで東。ここで残る御神刀コンビ。「石切丸さんは、大阪だったよねぇ」「青江さんは……」(青江の後ろでこいこい!と綱を引っ張るような仕草をする村正可愛かった)「備前だし、西でいいんじゃないかな」と揃って西へ。「ばいばーい」って村正、結構あっさり笑 膝丸は元の主が鎌倉幕府を開いたから東へ。そこにひょいと付いていく髭切。

これでいったん分け終えた......と思ったら今剣ちゃん「義経公は北に向かったんですよね?なら僕たちは北軍です!」と花道を駆け抜けようとするのを、岩融に首根っこ掴まれて止められる笑。「とりあえず西軍だ」となだめられ、これでようやく東西に収まりました。(今剣ちゃんが北へ向かおうとするこのくだり、フラグだった……)

とそこへ巴さん「俺はどちらにも縁がない、どうすればいいのか」三日月はにっこり笑って軍配を差し出し「行司をしてくれ」俺でいいのか、と戸惑う巴さんに岩融が「薙刀らしい、公正な審判を頼む」(絡んでくれてありがとう!!!!!)

改めて、東は代表兼さん、源氏、村正派、物吉くん、堀川くん、安定、長曽祢さんの9人。西は代表三日月、三条、青江、むっちゃん、蜂須賀の8人。そして取り仕切る行司が巴さん。全員の役振りは終了。

 

さぁここから祭りだ!!!!!!!!!! 確か巴さんによる相撲の呼び出し風のものがあって、なるほどそれで東西か、って最初は思ってた。最初は。

(ここで東西まとめてお祭りの歌があった?という感想をよく見かける。私は全く記憶にないので割愛ということで......)

(祭りの順番はあやふやです)

①西の祇園。メインステージに山車が登場、小狐丸と三日月が乗り込む......んだけど、上にこんのすけがのってる......!! 刀ミュ世界にもいたのね、こんのすけ。結構大きかった。山車の側面に西軍のみんなの名前が書かれてた。祇園祭りの歌を歌いながら山車をひかれてセンターステージに移動していく。他の西軍のみんなももちろんいました。

②多分東のねぶた。これがあんまり覚えてないんだけど、とりあえずすっごい楽しかった。膝丸が曲を引っ張ってた気がする。曲の間がほぼなくて、何やってるか理解できたと思ったら次々進んじゃうから、いろいろ大変だった。このねぶたがまたこんのすけで、可愛かったな~。

③おそらく西の阿波踊り……。ちょっとほんとに何やってたか忘れた。しっかり腰落としてたのは……後のよさこいだったような気もする......。

④東の雪まつり…...かな。堀川くんがなぜか印象に残ってる。どんな歌だったか演出だったか、忘れちゃったけど、ちょっとしっとりめだったような気がする。モニターに雪が降る景色が映ってて綺麗だった。

⑤西のよさこい祭り。メインステージから始まったんだけど、むっちゃんがよさこい節歌って出てきたんですよ!!!しかもお祭り仕様のテンポ速いよさこい節!!!!!めっちゃ嬉しかった。劇中だとしんみりしてたのに、祭りだとめっちゃ楽しくて、何よりむっちゃんが楽しそうにしていたのがとても好きだった。花道を練り歩きながら夢抱いてのほうのよさこい節も歌って、あやうくかっぽれするところだった。

⑥ここでまさかの蜻蛉さんセンステのドセンターで「やーれんそーらんそーらん」と堂々と、朗々と歌い上げる。東のソーラン節の始まりに、ガラっと変わる会場の空気。かっこよすぎて私は死んだ。ありがとうございました。東軍、本当にソーラン節を踊ってた。その中で西軍も負けじとよさこいを再び歌い始め、東西の力強いよさこいが入り乱れるというカオスな状態に。(どっちかが鳴子使ってたんだけど......東軍だったかな……。) そこにあどうつ聲のアレンジらしき音楽も乗っかり、とにかく会場のボルテージが上がりまくりで、最高潮って感じで、ただその勢いに圧倒されてた。

 

ちょっと本編から話逸れます。

当たり前のように新衣装を着こなす皆さん。心の準備ができていなかった私は大発狂。東西のチームごとにちょっとデザインの違う法被を着ていて、東軍が青龍、西軍が白虎を背負っていた。胸元の合わせの部分がそれぞれのメンバーカラーになっていて、多分細部にキャラごとの違いがあったんだと思う。近くにいた岩融はあの赤い数珠みたいなのを肩から下げてて、ダンスの時にちょっと絡まってたのを覚えてる。行司の巴さんはというと、黄色、今回のらぶフェスのテーマカラーを基調とした衣装だった。背には麒麟

青龍と白虎。これは四神といって、中国の神話には東西南北それぞれの方角を司る霊獣がいるそう。そこに五行説を照らし合わせて中央に麒麟を配置することもあるそうな。東軍の青龍、西軍の白虎、それを中央で取り仕切る巴さんは麒麟。相撲の東西だけではなく、中国神話の東西も取り入れていたというわけですね。そして麒麟の色が、今回のらぶフェスのテーマカラーの山吹色、黄色なんだそうです。テーマカラーの伏線回収。これ分かったときはだいぶすっきりしましたね。(以上、四神や五行説の話はwiki参照)(テーマカラーと刀剣男士の関係を審神者に見破られちゃったから変化球で来たな、と思ったのはここだけの話。)

 

さて、東西ともに力を出し切り、賑やかな祭りとなったところで、巴さんの判定は?(ぐぐぐっと詰め寄る男士たち、かなり可愛かった。) 「……少し、時間をもらえないか」判断に迷ったようで、ここで一旦持ち越すことに。「決まったら一番に教えてね、駆けつけるからね」って石切丸、どこのスパダリですか……。会場「ふぅぅ~~!」ってなってた笑。

 

再び巴さんが舞い始める。そこにむすはじに出てきた時間遡行軍三人が出てきて、巴さんの動きを真似ていた。巴さんの物語には彼らが欠かせないということか。その後ぞろぞろと歴キャが出てきて同じように巴さんの動きを真似ていく。祭りとは何か。典礼としてのしめやかなものと、賑やかなものとは何が違うのか。歴キャの、時間遡行軍三人の、死んでいった者たちの影を見て「はは、面白い!」と何かを得たような巴さん。「祭りとは、此岸と彼岸を結ぶもの。こちらがそちらを祈っていたように、そちらもこちらを祈っていたのだな!」刀剣男士と歴キャの思いが繋がっているようなセリフだった。

「祭りとは、死者を弔うだけのものではない。祝い、祈り、そして楽しもう!」

 

 

 

 

 

2部

ここで休む間もなく2部開幕。先の巴さんのセリフに同意する形で三日月がメインステージに現れる。多分あつぱりの衣装。

セトリ順でいきます!(MCの場所は適当)

 

1.Lost The Memory (岩融、今剣ちゃん、石切丸、三日月、源氏)

初めて聞いたけどかっこいいですね! ジャニーズみたい。サビに英語で何か言ってるなと思ったらタイトルだった。加州のパートは源氏が歌っていたような気がします。

2.In my light (同上)

これ全く覚えてない……初めて聞いた曲だったから余計に。かっこよかったような気はする......。なんか三日月と膝丸がすごかったらしい。見逃した。

3.断然、君に恋してる! (岩融、今剣ちゃん、石切丸)

とにかく可愛かった~。歌詞可愛いし振付可愛いし、女の子アイドルみたいな可愛さがあった。何より岩融がこの曲歌ってるっていうのがやばい。あんな大きいのに。ずるいわ。今剣ちゃんのテンション上がりまくってて声がめっちゃ高かった。

4.Just Time (源氏)

かっこよかった!結構ポップな感じがした。黄色いライティングが目立ってたと思う。源氏on stageだとダンスが本当にすごい。センステ膝丸のブレイキンやばすぎた。近かったからド迫力。

 

MC

巴里に行ってきたんだよね~お土産は?とみんなにねだりにいく髭切が可愛かった。近づく髭切にすすすっと目をそらしたり体を背けたりするみなさん笑。三日月は差し出された手にそっと両手を置いて「はっはっは」と笑い、よきかなよきかな、とそのまま捌ける笑。相当羨ましかったのか、「巴里か......!」って何かを思いついたように捌ける髭切、「まさか巴里に行ったのではないな!? 兄者~!」って追いかける膝丸が面白かったです。MCは源氏の独壇場だったな。

 

5.Secret Sign (むすはじ)

かっこよかった。みんなダンス上手くなったよね? 私は相変わらずむっちゃんと巴さんに釘付けでした。サビのダンスが好き。最後センステでむっちゃん近くて眼福だった~。

6.Heart-to-Heart (むすはじ+蜂須賀)

聞いたことあると思ったら、らぶフェス2016で安定と長曽祢さんが歌ってたやつでした。人数多かったからか、悲しい感じはあんまりなかったように思う。ダンスが違ってたような気がする。

7.漢花、美しき日々よ (長曽祢さん、むっちゃん、安定+蜂須賀)

蜂須賀、最初は棒持ってなかったんだけど、間奏あたりからもらってた。ここに蜂須賀が入ると思わなかったし、かなり男らしい歌い方でびっくりした。長曽祢さんと一緒にいるからかな……。

 

MC

蜂須賀、むすはじメンツに「お邪魔しているよ」って言い方が本当に蜂須賀だった。

「蜂須賀こっち(下手側)、長曽祢こっち(上手側)」って隣に並べて「絵になるの~」っていうむっちゃん尊すぎんだよな......。安定もノって写真撮るフリしてた笑。

蜂須賀は今日のために衣装作ってもらったそう。自慢してた。一人だけ前のままかと心配してた。よかったね!

 

8.Can you guess what? (みほとせ)

ほんっとにかっこいい。演出がかっこいいしダンスもかっこいいし本当に大好き。大倶利伽羅のパートはみんなで歌ってた。センターで村正派が顔見合わせるの好きすぎる。

9.ゆうやみ (同上)

みなさん言ってるイケメン回転寿司笑。センステの円形のところに座ったりして回ってたからね。最後にステージの階段一番上で、5人並んで座ってて尊かった......。蜻蛉さんが遅れていったのもめちゃくちゃ可愛かった......。蜻蛉さんソロのフェイクがめっちゃよかった。惚れ直した。

 

MC

いつもどおり(?)、物吉くんに絡む村正。連携して物吉くんを逃がして、村正を行かすまいとする蜻蛉さん、めちゃくちゃどっしりしてた。物吉くんのママだった。「逃がしませんよ! 3月頃までは♡」村正!!!! ありがとう!!! 三百年再演おめでとう!!!

 

10.誰のモノでもない人生(兼さん、巴さん)

かっこよかった~~~!!!巴さん!!!メインステージで椅子使ってた。センステ兼さんでどっち見ればいいか分からなかった。最後はセンターに揃ったね。兼さん、髪の毛長いし髪飾り可愛いし細い......。

11.Timeline (三日月、小狐丸)

小狐丸が「ご心配おかけしました、大きくなって帰ってきました」って言った時の感動ね!おかえり! って思った。君がいなくても~みたいな歌詞が小狐丸と重なって、本来の意図とは違うだろうけど、なかなか罪深いな......と思いました。

 

ここからまさかのメドレー!

12.Don't worry, don’t worry (石切丸、物吉くん、今剣ちゃん、安定、むっちゃん)

蜂須賀もいたっけ......。とにかく、どんうぉり組可愛すぎてやばかった。見たかった景色が見れた。ここが楽園か。間奏でみーぎ!ひだり!っつってダンスしてんの天国じゃない???????むりすぎ、尊すぎ。可愛いの暴力。

13.gateway (岩融、巴さん、蜻蛉さん)

まさかメドレーだなんて思ってもみなくて、気づいたらカッコいい英語の曲が始まってたんですよ。蜻蛉さんと巴さんに英語の曲歌ってほしいってずっと思ってたから、あんなにメインステージでかっこよく歌って踊って発音も抜群で、素敵すぎて、夢なんじゃないかって思ってた。もはや夢だった。信じられなかった。

14.mistake (全員?)

誰がいたか覚えてない。結構たくさんいた気がする。冒頭の拳上げるところで一緒にペンラ振るの楽しかった! 加州のパートを膝丸が歌ってたの、破壊力がやばすぎた。

15.解けない魔法 (青江、村正)

なんだこの曲......あれでもなんか聞いたことあるぞ......と思ってたらまさかの解けない魔法。ジャズっぽいアレンジ、おしゃれというよりムーディさが際立ってた。歌い方も素晴らしい。ここでこのアレンジしてこの二人に歌わせるのは罪深すぎる。

曲の後に三百年を彷彿とさせるやりとりがあった。気まずい気まずい!とセンステを走り回る村正、可愛かった......。(1部で東西分かれる時にあんなにこいこいしてたのにね……)

 

16.VERSUS(小狐丸ソロ 源氏バックダンサー)

かっこよかった。咆えるようなパートもあり、とにかく歌いきってる感じがすごかった。本当にめちゃくちゃ歌上手かった。源氏のバックダンサーもキレキレでとてもいいステージでした。

17.新曲(全員)

歌詞もメロディもクリスマスっぽかった。みんなランタンみたいなのを持ってて、2色くらいに分かれてたと思う。むっちゃんがめっちゃ近かった。今回のペンラの形かと思ったけど多分違うんだよな......。

あとここで数人通路をぴゅーーーっと通ってびびった。あっという間すぎて周りみんな戸惑ってた。あれは客降りに入るのか......?

 

メインステージのポップアップでどん!!!と登場した榎本さんww あつかし歴キャに刀向けられかけたけど、土方さんがおさめてた。

18.To the North (歴キャ)

1部で今剣ちゃんが「義経公は北へ向かった」ってフラグ立ててたから、みんなで歌うのはすんなり飲み込めた。みんな踊ってた、メインステージの階段で。可愛かった~。榎本さんの美声も響き渡っておりました。

 

ここから内番服。むっちゃんの内番服最高に可愛かったし、巴さんの袴綺麗だったなぁ。

19.だいすき (全員)

石切丸が「だいすきって言うの手伝ってほしい」っていうのに元気よく手を挙げるむっちゃん、癒しだった。めっっっっちゃ可愛かった。そしてむっちゃんと膝丸のだいすきをくらう全審神者。推しに生で大好きといえる喜びが爆発し、みなさんほんとに大きな声で「だいすきだ だいすきだ だいすきだよ!!!!!!」と言ってました。私も全力で言った。ほんとに嬉しかった。みんな大好きだよ!!!!!

 

ここから客降り

20.Million melodies (全員)

陸奥守吉行からファンサもらいました。勝った(?)。うちわガン見、そして顔もガン見され、ほんとによぉ狙ってバンしてくれた。3秒くらいいてくれた。死んだ。もうここで死んでもいいと思った。隣の人にファンサしてたから私には来ないと思ってたのに。高い金出してうちわ作った甲斐があった。今思い出しても本当に信じられない。けど鮮明に覚えてる。あの数秒は私だけのもの。幸せすぎた......。ありがとうむっちゃん。さすが私の初期刀。

他には村正がいたり青江がいたりした。ちょっと離れた席の人が目の前で青江の投げキスもらっててすごかった。周りの被弾もやばかった。小狐丸とか膝丸はびゅんびゅん通った。蜂須賀も一瞬。岩融は隣の子にがおーってファンサしてた。目が赤いんだなぁ、手も大きいなぁと思って見てた。物吉くんもいたなぁ。物吉くんね、センステを見てにっこり笑ってて天使だった。あれは紛れもない天使。(そして蜻蛉さんは来なかった。上手側だったのかな......残念)

最後の方にセンステでむすはじ組が肩組んでたの、三百年のゆうやみとはまた違った尊さがあって、非常に良かったです。仲良し~って感じ。すき。

21.新曲(タオル曲) (全員)

この曲大好き~! いいじゃんいいじゃん!みたいな感じ!テンションMAX上がるようなめちゃくちゃ可愛い曲......!!!!!!! 蜻蛉さんテンション振り切れすぎてて可愛すぎたんですけど!!!!!!! 上手モニター前付近であの巨体で飛びまくってたのは可愛すぎた。なにあれ。テンション上がりすぎでしょめっちゃ好き。KIZASHI?みたいな歌詞もあった気がする。華兄弟みたいに歌詞がモニターに映ってるスタイルだった。楽しすぎてめちゃくちゃうろ覚え…...。

 

ここ太鼓だったよね!!かっこよかった~!センステから登場した榎本さん、しっかりとしるこくれC&Rしましたよ! むすはじ民大歓喜

22.白刃の月 (歴キャ)

待ってました!!!! 絶対やってくれるって信じてた!!! あつかし歴キャが加わって厚みが出てすごいよかったです。センステでは榎本さんが目の前にいて、歌うの待ってる時の顔がめちゃくちゃ整ってて「あ、この人格好いいんだ……」と思った。

23.獣(全員)

演出は前回らぶフェスと似てた。始まり方とか炎ぶわっとか多分一緒。衣装は最終形態になってた。間奏は歌詞なしで、花道に両手ポイ持った男士が9人並んで、一人一文字ずつセンステからメインステージに向けて「真剣乱舞祭2018」って文字が浮かんでた。ちょっと誰がいたのかは分からなかった。最後のサビはみんなに片手ポイ持って、それぞれの紋と桜が光ってた。桜が綺麗だった。蜻蛉さんがちょこちょこ来てくれて、めっちゃ男らしくて素敵だった。

 

ここで誉ぽん(というか誉どん)、またみんなでセンステに集まり、祭りの勝敗を決めるように巴に迫る笑。またちょっと迷ってしまう巴さん。むっちゃんとか長曽祢さんが優しくフォローしにかかる。そこに三日月が耳打ち、巴さんに軍配を手渡す。

「この勝負、無勝負とする!」

無勝負とは、勝敗がつけられないという意味だそう。引き分けに近いイメージかな。無勝負か、とみんな切り替えて、次は酒飲み対決だとか、いろんな言葉を掛け合いながら、二人ずつ去っていく。

 

センステで巴さんの舞と歌がまた始まる。むすはじ時間遡行軍がメインステージから出てきて、続々とセンステへ移動、そのまま殺陣、だったかな。

ここまでの流れを通して、祭りとは何かを考えてきた巴さん。「祭りとは」と、結論を出そうとするものの、「いや、野暮かもしれない、理屈で考えるだけではないはずだ」とそっと口を閉じる。

 

24.新曲 (全員)

ここでメインステージに堀川君が登場、後の祭り、祭りのあと、みたいな雰囲気の曲を歌い始める。少しずつ人が増えていって、去年のらぶフェスの「てのひら」みたいな感じだなと思った。アウトロでうっすら太鼓や笛の音がしたのが印象に残ってる。

25.刀剣乱舞

しんみりとしたあとにかなりの爆音で始まったからめっちゃびっくりした。時間遡行軍から出てきたからまさか......と思ったら、ほとんど歌わなかった。(ラスサビだけみんなで歌ってた。)ミュ公演同様のお辞儀タイムになってました。二人ずつ、センステの円形ステージで。おじぎは逆刀帳順らしいです。

 

 

 

 

最後の挨拶

覚えてる限りだと

巴さん「よっちょれよ~(1部の祭りのやつ)というのがよく分からなかったから主にやってほしい」→やらせない笑→誉ポン

長曽祢さん「兄弟ともども、よろしく頼む」

蜂須賀「カニを食べれなかったのが心残りだ」笑いを取りに行った蜂須賀

兼さん「今度は俳句祭りだ!」とってもいい笑顔

村正「福井! いやらしいですね~(会場笑い)」「また脱ぎ合いましょうね♡」

青江「おうちに帰るまでが祭りだからね(にっかり)」

今剣ちゃん「誉ポンは巴さんがやったので、僕は~(衣装のぽんぽんを手に取り)お手入れぽん!」めっちゃ可愛かった

安定「僕はかしゅう~!(会場悲鳴)......ナッツがお気に入りなんだよね最近!」「安定デンジャラス!」

石切丸「加持祈祷をしたいんだけど……(舞台の男士を見渡し)長くなるからやめようかな」→会場えーーっ→「......やっぱりやめておくよ」やりませんでした笑

岩融「小狐丸! よく戻った!」握手してたかな

って感じでした! 覚えてない人ごめんなさい。

 

 

最後、カーテンコール的にもう一回出てきてくれた時に、兼さん主導で一本締めしたんですけど、その時のみんなの腰の落とし方が面白かった笑。兼さん元気よく「ぱぱぱん、ぱぱぱん、ぱぱぱぱん、ぱん! だ!」って言ってて可愛かった~。

 

 

 

 

 

というわけで、本編感想でした。

あとは雑多に書きます。

 

 

 

 

蜻蛉さん分厚すぎ……むりむり……。

なんだあの蜻蛉さん。色気の塊か? 男の色気出まくりでやばかった。顔がかっこいい。凛々しい。武人っていうか漢。めちゃくちゃほれた。今まで見てきた中で一番色気あった。なんだろう、ぎらついてたように見えた。

髪が、体の前に来て汗で絡まってて、それが本当に色気あって、やっぱり蜻蛉さん好きだと思った。背中向けててもずっと見てたし、肉眼で見ることを重視してたから、とにかく目で追ってた。背中綺麗だった。腕も。メイクさっぱりしてましたね。Can you~の最後の大好きなダンス、バキバキだった、でもどこか余裕すら感じる、きっとある程度力の抜けた状態で踊れてる、それが垣間見えて高揚した。(全然こっちみてくれなかったけど……) あ、でも蜻蛉さんメインステからファンサしてくれたと思ってる......。ファンサっていうか目が合ってる感覚がした......。あと蜻蛉さん、花道をぶわっと駆け抜けてることが多かった印象。機動がすごかった。普通にはやい。あんなに大きいのに。

前回のらぶフェスより村正に対して叱る感じが多かったな。ママかな? お疲れ様です......。曲中でもソロが多かったりして、蜻蛉さんの歌唱力が遺憾無く発揮されたらぶフェスでしたね。

今剣ちゃん、青江、村正とはよく目が合った。むっちゃんともたまに。ステージ上からでもちゃんと見てくれる。目があったらニッコリしてくれるんですよねみなさん。嬉しかったなぁ。青江もにっかりというかにこにこって感じでとても可愛かった。青江は仕草というか細かい動きが可愛い。好き。

 

 

 

全体的にキャラの掘り下げは少なめだなと思った。人数多いからね~。もうみんなが色々と知ってる前提で話進んでるなと思った。

やっぱり、何もかも初めてだから、テンションというか場の盛り上げ方を客が掴みきれなくて、多分キャストも予想外のところで反応があったりしたんだと思う。そこ笑う?とか そこそういう掛け声になる? とか。絶妙な間があった部分もあった。

これが場を踏むにつれて多分変わっていくから、何が言いたいかというとライビュ楽しみってことです。

最初っからフルアクセルでどんどん曲出てくるから、本当に混乱してた。まさに祭り、テンション上がればなんでもござれ!!って感じ。特に1部は初めてのことばっかりで、とにかく戸惑う間もなく楽しんだもん勝ちなのかなぁと思った。

 

 

これまでのらぶフェスの流れを踏襲するのだと思いこんで挑んだからか、思いのほか裏切られまくって本当にびっくりした。完全に今までとは流れを変えてきてた。意図的なものを感じた。とにかく勢いがすごい。頭の理解が追いつかないままどんどん進む。スピード感が今までの比じゃない。客のほとぼりが冷めるまもなくどんどん進んでいく。まるでジェットコースター。

2部の一番盛り上がる客降りでは、らぶフェスのド王道ともいえるえおえおあ、KEY MANをしなかった。わざと外したとさえ思うセトリだった。3年連続でやる曲はなるべく減らして、既存曲もアレンジを加えて、とにかく目新しさを前面に出してきている気もした。3年目のマンネリ感を出さないためだったのかなと思う。正直、KEY MAN客降りでむっちゃんに所構わずバンバンしてほしかったからちょっと残念。これはらぶフェス2019でむっちゃん出てくれるのを待つしかないですね(気が早い)。

 

 

 

 

とにかくらぶフェス楽しかった~! 初日ならではの高揚感がキャストからも伝わってきて、本当に楽しかった。終わった途端にロスに陥り、追いチケしそうなのをすんでのところで踏みとどまってる。ライビュがあるから大丈夫。大丈夫。追いチケしない。

またライビュ見たら追記するかも。