星の数ほど

星の数ほど

語彙力がないオタクの備忘録

メタブックはイメージです





安定・安心のはやみねワールドでした!


あまりにもライトな読み口だったから、YAかと思った。タイガってもうちょい重いと思ってたんだけどな......。YAと文庫の架け橋になるにはちょうどいいかも。
美月ちゃんに作者の経験がだだ漏れてるの笑ったwwww もはやその知識で解決に導いたといってもいいよね。終わりの方で畳みかけるように色々出てきたのすごかったなぁ。相変わらずの女の子版内人。てことは手塚さんのモデルは創也なのかな? あとがきの「生みの親の影響なんですかね」にも笑った。ですよねー笑
富田林先輩が亡くなった時は「Please repeat after me!!『はやみねかおる名義で人は死なない!!!!はい!!!!!』」っていう謎テンションで読み進めてた。そうしてないとなんかダメになりそうだった。
手塚さん、ただの本格厨って感じがなんか危ない人に見える。あそこまでクローズドサークルや連続殺人にこだわったりする人、なかなかいないでしょ......。己の理想とするメタブックのためならなんでもしますって感じが怖い。でもライターとしての誇りがあるって言ってたから安心していいのかな。


ストーリーに関しては......うーん。イマイチだったかな。まさか登呂井隻だけで話が引っ張られるとは思わなかった。掘り下げがイマイチというか。盛り上がりにかける部分もあるし、ずっとメタブック中止のまま話が進んだのがあまり面白くなかったのかも。「実はこの中止というのもメタブックに含まれていて、森永美月はドッキリ仕掛けられてるんじゃないか?」と邪推をしながら読んでました。前半が結構間延びしてたのも気になった。
ただ、メタブックの呪いの真相が分かったあたりはかなりゾクッとした。そういうのをサラッと書くのがはやみねさんらしい。日常に潜む未必の故意はこんなにもあるというのが分かっただけでも、なかなか興味深かった。(厳密に言うと未必の故意ではない気もするけど......。)
あなたと二人組、というタイトルが既にラブレター。下手すればプロポーズ? まぁそんなにさわやかなもんでもなかったけど......。石上さんがボッコボコにしたみたいだし、よかったのかな笑


色々、もっと掘り下げて普通に講談社文庫とかで出してほしかった印象。もっと分厚い方が、はやみねファン的にもちょうどよかったんじゃないかなと思います。めっちゃ分厚いの、全然読むよ!




2018/12/26~12/27